【簡単解説】太陽の大きさはどれくらい?【3分でわかる】

【簡単解説】太陽の大きさはどれくらい?【3分でわかる】 天体

太陽の大きさが急に知りたくなったあなたに、3分で簡単に解説します。

太陽の大きさはどれくらい?

直径 1,392,000km
外周 4,379,000km
質量 1.9891×1030 kg
体積 1.40927×1018 km3
表面積 6.07877×1012 km2

出典) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD

イメージしにくいと思うので太陽系の他の惑星と比べてみます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E7%B3%BB

太陽系では太陽はめちゃくちゃでかいです。

大きさは、太陽>木星>土星>天王星>海王星>地球>金星>火星>水星、という順番です。

地球と太陽を比べると、

  • 直径:地球の約109倍
  • 外周:地球の約109倍
  • 質量:地球の約33.3万倍
  • 体積:約130万倍
  • 表面積:約1.2万倍

ちなみに上の写真は惑星間の距離は実際の比率ではないので、実際の比率の太陽系の写真も載せておきます。(下記)

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Solar-system.png

太陽から順番に、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、となっています。

この写真のほうが太陽の大きさがわかりますね。

さらにですが、あくまでも惑星間の距離の比率が正確というだけで、惑星間の距離と惑星の大きさの比率は違います。惑星は上記写真よりもっともっと小さいです。

下記の動画がわかりやすいです。

Watch This Guy Build a Massive Solar System in the Desert | Short Film Showcase

惑星の大きさと距離を正確にしたらこんな感じになります。

ちなみに太陽は惑星ではなく恒星というカテゴリーの天体です。

参考までに

時間のある方は下記の動画も是非ご覧ください。

天体の大きさがわかりやすいです。

コメント