【簡単解説】太陽系の準惑星の大きさ まとめ【3分でわかる】

【簡単解説】太陽系の準惑星の大きさ まとめ【3分でわかる】 天体

太陽系の準衛星の大きさが急に知りたくなったあなたに。

簡単に解説します。

太陽系の準衛星の大きさ まとめ

https://theplanets.org/dwarf-planets/
平均半径(km)外周(km)質量(kg)体積(km3)表面積(km2)
冥王星1,1857,508 1.3 ×1022 7.15 ×109 1.795 ×107 
エリス1,1637,307 1.66×1022 6.59×109 1.70×107
ハウメア780 4,900 4.006 ×1021 1.98×109 8.14×106
マケマケ 739 4,643 3.1×1021 1.53×109  6.42×106 
ケレス4732,991 9.38 ×1020 4.21 ×108 2.77 ×106

太陽系の準衛星を大きい順に地球と比べてみると、

  • 冥王星 (平均半径 1,185km) – 地球の19%の大きさ
  • エリス (平均半径 1,163km) – 地球の18%の大きさ
  • ハウメア (平均半径 780km) – 地球の12%の大きさ
  • マケマケ (平均半径 739km) – 地球の12%の大きさ
  • ケレス (平均半径 473km) – 地球の7%の大きさ

参考)Wikipedia

参考までに①

太陽系のそれぞれの準惑星の大きさをもう少しだけ詳しく解説しています。

冥王星

太陽系で最も大きい準惑星です。

エリス

太陽系で2番目に大きい準惑星です。

ハウメア

太陽系で3番目に大きい準惑星です。

マケマケ

太陽系で4番目に大きい準惑星です。

ケレス

太陽系で5番目に大きい準惑星です。

参考までに②

太陽系の準惑星に関する動画です。

Guide to Dwarf Planets: Ceres, Pluto, Eris, Haumea and Makemake for Kids – FreeSchool

コメント